×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ウエディング ドレス レンタル

ウエディング ドレスレンタルする若い女性が、最近、急増してます。
ウエディング ドレスは、結婚式で花嫁が着用するドレスです。ウエディング ドレスは、一般的にドレス及びその附属する装飾品、ベール、グローブ、靴、アクセサリーなどは、清純さを表現するためにホワイト、シャンパンカラー、オフホワイトなど白色を基調としています。まれに水色・桃色などが見られますが、それらも極力淡い色を用いています。
 
ウエディング ドレスを購入すると数十万から数百万、それにつけるアクセサリーだけでもかなりのお金額になりますよね。
形式にとらわれず、結婚式よりもハネムーンにお金をかけたり、独自の楽しみ方をするのも素敵ですよね。
ウエディング ドレスのレンタルは、ブランド物もあり、海外のデザイナーによるものや、サイズも豊富で100点以上のドレスの中から選べるお店もあり、ドレスに合わせたアクセサリー、小物なども無料で貸し出してくれます。
コーディネイトやヘアメイクもプロの方がアドバイスしてくれます。式場や一流ホテルにも劣らないサービスが嬉しいです。
ウエディング ドレス レンタルの会社、お店は数多くあり、カタログもそろっているので、時間をかけてじっくり探すと、自分に合った素敵なドレスを必ず見つけることができます。
なかなか決めることができない場合は、取り置きのシステムがあることもあるので、ぜひ利用したいですね。
 
素敵なウエディング ドレスに出会えると良いですね!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ウエディング ドレス レンタルの平均価格は?

ウエディング ドレスレンタル料金って、平均するとどれくらいの価格になるのでしょうか。
平均するとウエディング ドレスで19万くらい、カラードレスだと5万ほど、というのがおおよその相場だそうです。
その中でも、小物やアクセサリーが別料金のときもあります。ウエディング ドレスのレンタルなら、基本的に一式セットになってレンタル価格に含まれていることが多いですが、特別なものを借りたり、セット以外の小物をレンタルしたい場合は、別途料金がかかるのが普通です。
ウエディング ドレスレンタルを借りる場合でも、ブライダルインナーは自分自身で用意する必要があります。
髪飾りやブーケなども別料金になっているようです。
持込保管料といって、結婚式場提携のウエディング ドレスをレンタルせずに衣装を持ち込むときは、1着あたり1万円から3万程度の保管料をとられる場合があるので、要注意です。
ウエディング ドレスの試着も、一度でめぐり合い、その場で決められれば良いですが、カタログにはあってもその場にはないということも多いです。ウエディング ドレスのレンタルは、事前にカタログなどで選んでおいて、予約を入れることも大切ですね!

ウエディング ドレス レンタルの注意点

ウエディング ドレスレンタルするにあたっての注意点を、いくつか挙げてみたいと思います。
レンタルできるウエディング ドレスの色柄、種類も含めて、相当の数があります。
あれこれと見ているうちにどうしたらよいのか、結局、わからなくなって悩んでしまうことも少なくないでしょう。
ウエディング ドレスのレンタルは、まずは予算をしっかりと決めて、その範囲内で探しすことが大切ですね。初めに良いウエディング ドレスを見てしまうと、目移りがしてしまい、予算を上回ってしまうことになりかねません。高いウエディング ドレスは高いなりに、デザインも生地も違って当然ですものね。
悩んでいるうちは、あまり色々と見てまわらないことです。
レンタルするウエディング ドレスは、一箇所でまとめて借りた方がお得だと思います。
まとめてレンタルすると割引率が高くなるところも多いですし、新郎新婦のレンタルもセットになるとセット割引というシステムがあるところも目にします。
そして、結婚式場のセットプランにウエディング ドレス レンタルも含まれているプランを利用するとよりお得です。
結婚式場以外の場所でのウエディング ドレスのレンタルになりますと、持込み料金がかかるので要注意です。

スポンサードリンク

Copyright © 2007 ウエディング ドレス レンタル